小学生家庭学習はリビングの机で行いましょう

小学生家庭学習は、学校からの宿題のほかに通信教育を利用したり、書店に置かれているドリルを活用したり、塾や習い事の一環で勉強したことを復習したりなど、多岐にわたってきます。学年を重ねるごとに教科学習も難しくなっていくので、ひとりで解決できないものも出てくる可能性があると思います。家庭学習は、疑問に思ったときに、疑問点を即座に解決していくことが大変重要ですので、親子で何気ない会話の中でその疑問点を解決できる環境づくりが大切になってきます。リビングに学習机を設置できるのが理想かと思いますが、難しい場合はリビングのダイニングテーブルで学習しても効果は変わりませんので、家庭環境によって柔軟に対応できたらいいのではないかと思います。反復学習をすることで学習内容が必然的に定着していきますので、間違えたところはすぐに教科書やテキストに戻って再確認したり、間違えた問題を何回も解きなおすなど工夫が必要かもしれません。自らの勉強方法が確立できるように援助してあげると、子供たちのやる気もきっと変わってくるでしょう。

以前小学生家庭学習に関する会社で働いていました

私は大学生の時アルバイトで小学生家庭学習に関する会社でアルバイトしていました。この会社は家庭で学習する小学生を手助けするという会社でした。具体的には会社が作った学年毎のテキストをお客さんに購入してもらい、プリントなど自宅でやった後にファックスで会社に送信するというものでした。私の仕事は送られてきたプリントの中の間違いをチェックした後に、その子供の家庭に間違えた部分を訂正したプリントをファックスし、電話をかけて間違えた部分に関しての説明を電話で行うというものでした。プリントを自宅でやる子供は答案をもっているわけではないので自力で回答を見つけ出して問題をとくわけですし、間違えたところを電話ですぐに教えてもらえるので良いシステムだと思いました。また、すべての科目を勉強するわけではなく、親御さんが伸ばしてあげたい科目を選べるのも良い点だとおもいました。

小学生家庭学習の重要性

少子化のため、ベビーブーム時代に大学受験をした子供たちに比べ、大学入学のハードルは低くなったと言われていますが、人気のある大学への進学は以前同様、またはそれ以上に難しいと言われています。難しくなっている理由の一つに、親の子どもへの勉強に対する期待の高さというものが挙げられるのではないでしょうか。中学受験はもちろんのこと、小学校受験や幼稚園受験をする子ども達も少なくないようです。何事にも通じるものがありますが、習慣化させ、それを定着させることが非常に大切です。小学生家庭学習は、中学生や高校生になった時に自主的に勉強に取り組めるようになるための、いわば第一関門のようなものなので、まずは親主導で子どもを机に向かわせ、勉強に向かう姿勢が定着するまでは、親も一緒に隣に座って勉強をみてあげるという根気が必要だと思います。